広告収入のある動画で使えるVOICEROID調べてみた

さっきの記事↓を書いた後、気になったのでいろいろ調べてみました。

↓の記事の閲覧数が割と多くて、動画制作関連で検索してきてくれてるひとも結構いるのかなと思ったので、自己流ですがどんな感じで動画作ってるのかを書い...

VOICEROIDのアフィリエイト利用について

まず、2018年6月1日からAItalkのライセンス規約が見直されたようで、AItalkを使った音声合成ソフトの「音声」のみなら「広告収入のある動画で使える」ことになっていたようです。
該当するのは株式会社AHSの「VOICEROIDシリーズ」、会社変わりますが同じくAItalkでお話しする「ギャラ子talk」や「音街ウナtalkEX」などですね。
これらのソフトで作成した「音声のみ」なら、申請など不要で広告収入のある動画で利用することができるようです。Vtuber界が盛り上がりそうですね。

キャラクターライセンスを確認

「音声」はOKが出たものの、「結月ゆかり」や「東北ずん子」といった「キャラクター」の利用についてはまた別に規約が定められています。
オリジナルキャラにゆかりさんの声を当てたものは大丈夫でも、いわゆる「結月ゆかり実況プレイ」はだめ、ということがあり得ますので、できるだけ調べて参りました。
不明瞭なところは問い合わせたりしていないので、どうしても知りたいとこはそれぞれの公式さんにお問い合わせください。

で、わかる範囲でそれぞれの利用規約を確認してきたわけですが。
「琴葉茜・葵」「東北ずん子」(おそらく「東北きりたん」も)はキャラクターも広告収入のある動画で利用OKのようです。きりたんについては、東北ずん子公式サイトの利用手引きがずん子さんの名前しか出していないのでちょっと不安なのですが、たぶん作品名のような解釈できりたんやイタコさんも含むんじゃないかと思います。ご利用前に確認するのが確実です↓
琴葉茜・葵キャラクターガイドライン 東北ずん子利用の手引き
厳密に言うと「広告収入のある動画で利用は商用利用に含まないことにするから許可取らなくても大丈夫だよ」ということだと思うので、営利目的での音声や同人誌の販売などは申請が必要だと思われますので注意。

その他、ゆかりさんたちやギャラ子さんやウナちゃんなどは、「商用利用には許諾が必要」とだけあり、広告収入が商用利用に含まれるか否かがはっきり書かれていないのでグレーゾーンと判断。音声は大丈夫ですが、キャラは使わないのが無難そうです。
「京町セイカ」については、精華町の公式HPの規約に商用利用に関する記述が見当たらないので、明記されている規約さえ守ればOKということなのか全面禁止なのかわかりませんでした。気が向いたら問い合わせてみようかな。

2018/11/21追記

AHSさんにキャラクターライセンスについてお問い合わせしてみてまとめ直しました。
あくまでわたしがお問い合わせした内容・段階のものですが、よかったらご参考までに。

以前こういう記事を書きまして https://www.yoruuta.com/2018/09/18/%e5%8b%95%e7%94%bb%e5...

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【実況動画】動画のサムネイルについて考える

NO IMAGE

ゆっくり実況動画の収益化について調べてみた

【自己流】ゆっくり・VOICEROID・CeVIO実況作成メモ③~録画ソフトはア...

【お知らせ】今後の動画投稿について

琴葉姉妹の新しい立ち絵が出来ました

【VOICEROID実況プレイ】「琴葉姉妹と騎士の旅」完結しました